三菱電機/メキシコの自動車機器製造、営業開始

2014年10月08日 

三菱電機は10月8日、メキシコの三菱電機オートモーティブ・メキシコ社が、営業を開始したと発表した。

自動車生産が活発化するメキシコに拠点を構築することで、米州での事業体制強化を図り、新会社では2017年度に売上高300億円を目指す。

■新会社の概要
社名:三菱電機オートモーティブ・メキシコ社
所在地:メキシコ合衆国 ケレタロ州 エルマルケス市
敷地面積:15万2000㎡
建屋:1棟 延べ床面積:2万4500㎡
資本金:5億メキシコペソ(約30億円)
出資比率:三菱電機95%、三菱電機オートモーティブ・アメリカ5%
従業員数:約80名(2014年10月時点)
事業概要:自動車機器の製造と販売
主な取扱品:オルタネーター、スターター、カーマルチメディア製品、カーメカトロニクス製品など

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集