ヤマトシステム開発、インフォマート/食品規格書システムのデータ連携

2014年10月20日 

ヤマトシステム開発とインフォマートは10月20日、両社が提供している、食品に関する商品規格書システムのデータ連携を開始した。

<サービス概要図>
20141020yamatosy 500x208 - ヤマトシステム開発、インフォマート/食品規格書システムのデータ連携

インフォマートの「ASP規格書システム」を導入している食品メーカーや外食・小売企業が、ヤマトシステム開発の食品製造業向け規格書管理サービス(クラウド)「Hyper規格書@Web」を併せて利用することにより、商品規格書の作成にかかる業務負荷を大幅に軽減することが可能となる。

新規の商品規格書を「ASP規格書システム」に登録する際に、「Hyper規格書@web」の商品規格書を自動登録する機能の使用が可能になり、手作業による業務負荷の軽減や転記ミスを防止できる。

食品メーカーや外食・小売企業は商品規格書のデータベースを常に最新の状態に保つことが容易になり、購入者からの問い合わせに対して迅速な対応が可能になる。

■費用(税抜)
食品製造業向け規格書管理サービス(クラウド)「Hyper規格書@Web」:初期費用 30万円、月額費用(10ID、25GBまで) 3万円
「ASP規格書システム」:月額費用 「メーカー機能 定額制」 2万5000円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集