セイノーHD/4~9月の売上高2.4%増、当期利益17.3%減

2014年11月11日 

セイノーホールディングスが11月11日に発表した2015年3月期の第2四半期業績は、売上高2652億3000万円(前年同期比2.4%増)、営業利益79億1800万円(0.0%)、経常利益89億3700万円(15.0%減)、当期利益54億7000万円(17.3%減)となった。

輸送事業は、新中期経営計画のもと、輸送ネットワークの安定、ロジスティクス事業の拡大、国際化への対応などの主要施策を着実に実施することで収入の拡大と利益の確保に努めてきた。

輸送事業の売上高は1945億6700万円(2.1%増)となったが、営業利益は44億600万円(2.2%減)となった。

通期は、売上高5440億円(0.1%増)、営業利益203億円(0.5%増)、経常利益220億円(13.1%減)、当期利益120億円(22.5%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集