マツダ/タイタンを一部改良

2014年11月28日 

マツダは11月28日、「マツダタイタン」を一部改良して発売した。

<マツダタイタン>
マツダタイタン

改良は、エンジン本体の改良に加え、補機類の刷新といった商用車の新技術を採用することで、重量車モード燃費を向上。全車で2015年度燃費基準達成と低排出ガス車の認定を受けた。

主要モデルでは、新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop(エコストップ)」を標準装備することで、「2015年度燃費基準達成」を上回る、「2015年度燃費基準+10%」を達成。エコカー減税(自動車取得税および自動車重量税の免税)の対象となった。

代表車型の価格は、DX仕様が(駆動2WD、エンジン3.OL DEターボ、キャビン標準、平ボディ・標準フルワイドロー木製アオリ仕様、最大積載量2.0t、変速機6MT)429万1920円(税込)。

最新ニュース

物流用語集