テーブルマーク/原材料、包装資材、燃料、物流費高騰で値上げ

2014年11月28日 

テーブルマークは11月26日、家庭用と業務用冷凍食品の出荷価格を改定すると発表した。

安心安全で高品質な製品を届けるため、生産性の向上やコスト削減に努めてきたが、急激な円安と原材料、包装資材、燃料、物流費の高騰により、自助努力だけでは吸収できないとして、値上げを決めたもの。

家庭用冷凍食品は2015年2月1日納品分、業務用冷凍食品は2015年3月1日納品分から実施する。

価格改定は、家庭用冷凍食品約120品のうち、約40品、業務用冷凍食品は約600品のうち、約550品が対象で、それぞれ3~10%の値上げとなる。

最新ニュース

物流用語集