NEC/物流の見える化を実現したソフトウェア販売開始

NECは2月3日、輸送中貨物のステータス(位置や在庫情報)の確認や物流オーダーの一元管理が可能なソフトウェア「Logistics Visualization System」をアジアを中心にグローバルな販売を開始した。

<利用イメージ>
20150203nec 500x266 - NEC/物流の見える化を実現したソフトウェア販売開始

物流に関わる各事業者(荷主、運送業者、通関業者など)が個別に付与する貨物の管理番号を相互に紐づける機能を持ち、どの管理番号で検索しても輸送中貨物の現在ステータスを即時に把握可能。

ソフト導入により、物流に関わる各事業者は、「INVOICE番号」や「オーダー番号」などで検索すると、貨物の現在ステータスを即時に把握可能となる。これにより、荷主からの問い合わせ対応の迅速化・効率化や、万一の輸送遅延への早急な対応を実現する。

また、各国の物流の発展に応じて、輸送オーダー受付、倉庫・コンテナ・在庫、請求・支払などを一元的に管理する機能や、関連事業者の入札、ルート・料金シミュレーション、スマートデバイス連携などの機能も付加することが可能で、物流サービスのさらなる高品質化や業務効率化を実現する。

ソフトの出荷時期は2015年4月の予定。NECはソフトを2018年度末までに10か国20事業者以上への導入を目指す。

■Logistics Visualization System
http://jpn.nec.com/lvs/

■問い合わせ
NEC
交通・物流ソリューション事業部
TEL:03-3456-4028

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集