ミツカン/栃木工場の入荷検品で音声認識システム稼働

シーネットは2月25日、大手食品メーカー・ミツカングループの常温品工場であるMizkanSanmi栃木工場(栃木ミツカン)に、シーネットの音声認識システム「ci.Himalayas/voice」が稼働したと発表した。

栃木ミツカンでは、入荷時にラベルを貼付し、製造時に入荷ラベルと指示書で現物照合を行っているが、入荷の時点で商品やラベル貼付のミスが発生してしまうと、製造時の照合の仕組みが機能しなくなる恐れがある。

そのため、入荷は精度を重視した作業方法で行われ、1商品につき複数項目のチェックと2人1組での作業が基本となっており、時間と人員が多く当てられていた。そこで、精度を保ちながらも作業の省力化をすることを目的に、システム導入を検討した。

そこで、入荷される原材料にはバーコードが貼付されていないため、声で入力ができる音声認識システムが有効であり、特に日本語商品名の入力が可能であるシーネットの技術が適していた。音声を利用した作業により、効率化や人員削減、作業ミス防止ができることを期待し、シーネットの音声認識システムを選定したもの。

作業者は入荷された商品の商品名を読み上げる。音声認識システムが商品名を認識し、事前に登録されている商品名に紐づいたチェック項目を指示する。作業者は指示に沿ってチェックを行い、実績を音声で登録する。数字だけでなく、日本語やアルファベットなども認識できるため、正確な情報を入力することができます。全ての項目で間違いが無い場合、ラベル貼付の作業に移ります。ラベル貼付の際にも音声により、商品とラベルの名称チェック等を行う。

予定データの取込み、実績データの登録、マスタ情報はAJECの生産管理システムと連携しており、リアルタイムにデータの連携がされている。

現在、栃木ミツカンの2か所の製造ラインで入荷検品作業に導入されており、今後他のラインや他の工場への展開も検討されている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集