日本郵船/日本~タイ・ベトナム間コンテナ船、新サービスを開設

2015年03月03日 

日本郵船は3月3日、日本からタイ・ベトナムを結ぶコンテナ船の新サービスPhoenix2を3月下旬から単独で開設すると発表した。

新サービス開設により、既存のPhoenix サービスはPhoenix 1と名称を変更し、Phoenix 1とともに日本と東南アジアの海上荷動きが増える中、伸びゆく需要に幅広く対応する安定したサービス体制となるとしている。

新サービスは、日本郵船運航の2700TEU型コンテナ船3隻によるウィークリーサービスで、なかでも神戸~ラムチャバンは6日となり、業界最速スケジュールとなる。

■新サービスの概要
投入船:2700 TEU型3隻 
頻度:21日ラウンド /ウィークリーサービス
寄港地・ローテーション:東京(水/水) - 横浜(水/木) - 清水(木/木) - 名古屋(金/金) - 神戸(土/日) - ラムチャバン(土/月) - ホーチミン(水/木) - 東京
サービス開始:N/B 3月28日 ラムチャバン出港船(“NYK Daniela”)

最新ニュース

物流用語集