NTTロジスコ/「最大震度7」想定で危機管理演習

2015年03月16日 

エヌ・ティ・ティ・ロジスコ(NTTロジスコ)は3月16日、東日本大震災から4年目となる3月11日に、首都直下型地震「最大震度7」を想定した危機管理演習を実施したと発表した。

<災害対策本部として災害状況を確認>
20150316nttl 500x307 - NTTロジスコ/「最大震度7」想定で危機管理演習

NTTロジスコは、耐震基準を上回る物流センターの整備や自家発電設備、燃油備蓄、情報システムのバックアップなど、通信インフラを担うNTTグループの一員としてさまざまなBCP対策を講じている。

震災発生時に物流を途絶させることのないよう、昨年に引き続きNTTグループを含む荷主企業6社にも参加してもらい、災害時の情報伝達や設備復旧と事業継続の対応を含めて演習を実施した。

想定災害は、地震規模が首都直下型地震「最大震度7」、被災センターが神奈川、千葉、市川、埼玉、平和島各物流センタとし、被災状況は停電(神奈川、平和島両センタが発生後約1.5時間、その他センタは終日)、通信障害、保管商品の落下、エレベータ内貨物閉じ込め、ケガ人等の想定。

訓練は、被災状況の確認、情報の伝達、事業継続への対応の順で行った。事業継続の対応では、緊急車両での配送、出荷物流センタの変更等、復旧作業応援要員の手配、情報システムの復旧、バックアップ、備蓄燃油の残量確認、手配を行った。

東日本大震災や過去の災害において発生した事象を教訓として活かしていけるよう、今後もより一層、災害対策を強化するとともに、「災害に強い物流会社」として事業継続への対応力向上に努めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集