日産/100%電気トラックの実証運行を実施

2015年03月16日 

日産自動車は3月16日、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験「ちよくる」内で、開始した。

<100%電気トラック「e-NT400テストトラック」モニター車>
100%電気トラック「e-NT400テストトラック」モニター車

「ちよくる」とは、NTTドコモと東京都千代田区が、昨年10月から実施している千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験。

NTTドコモと千代田区は、「ちよくる」プログラムで、日産が貸与する「e-NT400テストトラック」のモニター車を、千代田区内全域に配置されている約30か所のサイクルポート(自転車の貸出・返却拠点)間での次世代コミュニティサイクルシステムを搭載した自転車の再配置運営に、2か月間活用する。

100%電気で走行する「e-NT400テストトラック」を使用することで、サイクルシェアリング事業全体で、さらなるCO2削減効果が期待できる。日産はこの実証運行で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に生かすとしている。

なお、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」は、小型トラック「アトラス」をベースに、「日産リーフ」のコンポーネント(モーター、バッテリー)を最大限活用した電気自動車(EV)システムを搭載。画期的なゼロエミッションの小型トラックとして将来の量産化を目指している。

排気ガスを一切出さないことから、都心部のエンジン車乗り入れ制限のあるエリアにも入っていけるほか、低騒音であることから、深夜の時間帯でも運行し易い車両となっている。

80kWの電動モーターと高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーにより、振動が少なくスムーズな加速と乗り心地を実現し、ドライバーにも優しいトラックとして新しい運転感覚を提供する。

モニター車はJC08モードでの航続可能距離が約62キロであり、更に、30分間で容量の80%まで充電可能な急速充電機能を内蔵している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集