プロロジス投資法人/建築物省エネルギー性能表示制度評価を取得

2015年03月30日 

日本プロロジス投資法人は3月30日、保有するプロロジスパーク座間1とプロロジスパーク座間2について、国土交通省が推進する「建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System)」(BELS)の評価を追加取得したと発表した。

取得したのは2物件で、プロロジスパーク座間1はJ-REITとして初めてとなる最高評価の「★★★★★」を取得し、プロロジス・グループが開発する物流施設の高い環境性能を象徴する結果となったとしている。

また、プロロジスパーク座間2は評価ランク「★★★★」を取得した。

プロロジス・グループは、物流施設開発でのグローバルリーダーとして、各国・地域が定める環境に配慮した建築物に対する認証基準に従って環境に配慮した施設を開発し、顧客に提供することが責務だと考えている。

投資法人は、プロロジス・グループの一員として、環境負荷をできるだけ低減したエネルギー効率のよい施設への投資とその運用に積極的に取組んでいくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集