大和ハウス/ロボットスーツを建設現場で検証開始、次は物流現場で

2015年04月13日 

大和ハウス工業、大和小田急建設、フジタ、大和リースの4社は4月13日、CYBERDYNE社の「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」10台を建設現場等に導入し、職方の作業負荷を低減するための現場実証を開始すると発表した。

<ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)>
ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)

<ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)の後部>
ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)の後部

<ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)の後部>
ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)の後部

現場実証期間は5月1日から2016年4月30日までで、2016年5月から実運用を目指すという。

「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」は、介護支援用(腰タイプ)とほぼ同様。想定する動作のプログラミング等で若干重量を増している。3kgのコンパクトな軽量モデルで、重作業でない場合でも装着したまま長時間作業を行うことができる。45分の充電で約180分の動作時間を実現している。

検証のために、大和ハウス工業は「Dプロジェクト有明」建設現場に2台、「ダイワロイネットホテル銀座」建設現場に1台、「ロイヤルパークス柏木」建設現場に2台、大和小田急建設は「海老名駅間地区基盤整備工事」の土木工事現場に1台、フジタは「テクノマテリアル千葉工場」と、「プレキャストコンクリート部材製造工場」の製造現場に計2台、大和リースは「東京都立小平南高騰学校仮設校舎」建設現場と「大和リース関西工場」に計2台を導入する。

<大和ハウスの田村哲哉執行役員>
大和ハウスの田村哲哉執行役員

大和ハウスの田村哲哉執行役員は「建設業界の現場では、職人不足、高齢化が進んでおり、最盛期660万人いた数が310万人まで落ち込んでいる。このHAL作業支援用(腰タイプ)を労働環境の改善と職方不足の解消に向けた取り組みとして開始し、より広く普及させていきたい。また、次の段階では物流現場での検証を考えている」と説明した。

最新ニュース

物流用語集