日通/2014年度の鉄道コンテナ実績3.6%減

2015年04月23日 

日本通運が4月22日に発表した2014年度の鉄道コンテナ取扱い実績は190万7784個で、前年比3.6%減だった。

2014年度の発送個数は、年度を通じて北海道地区の農産物関係や、東北地区の米の輸送が好調だったほか、清涼飲料水の輸送も堅調に推移した。

しかし、自動車関連部品の現地調達化の進展や国内需要の落ち込みにより、大幅に減送となった。

期別では、上半期の発送個数は、災害廃棄物の輸送終了もあり前同比で微減となり、下半期についても、大型台風による東海道本線の土砂流入の影響や、昨年の消費増税需要の反動減により前同比で減送となった。

年度実績としては、190万7784個、前年比7万2132個減、伸長率3.6%減と前年実績を下回った。

しかし、鉄道貨物輸送を取り巻く環境は、トラックの運転手不足と、トラック運賃騰勢による輸送力確保への不安や、顧客の輸送コスト負担増に対する懸念への受け皿として、鉄道貨物輸送へのモーダルシフトの気運は高まっている。

全国通運連盟の「鉄道コンテナお試しキャンペーン」の実績においては、件数、個数ともに前年の約3割増となった。今年度は、このモーダルシフトのフォローの風を十分に受け止め拡販に繋げていくとしている。

なお、2015年度鉄道コンテナ取扱目標個数は200万個(対前年3.0%増)。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集