LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

鈴与/台風15号被災者を支援、静岡県と静岡市に計1500万円寄付

2022年10月25日/CSR

鈴与グループは10月25日、令和4年台風15号による被災者への支援金として、静岡県と静岡市に対し合計1500万円を寄付。同日に静岡県庁と静岡市役所で贈呈式を行ったと発表した。

支援金の贈呈は、静岡県に対して県中西部地域での台風15号による被災者支援、静岡市に対して台風15号による被災者の住宅支援を目的としたもの。

静岡市では、支援金をもとに、災害救助法による借り上げ型応急住宅の対象にならない被災者が、民間賃貸住宅を借りる場合の家賃等の一部を負担する、静岡市独自の支援制度を設ける。

<静岡県の出野 勉 副知事(左)、鈴与の高橋 明彦 副社長(右)>
20221025suzuyo - 鈴与/台風15号被災者を支援、静岡県と静岡市に計1500万円寄付

<静岡市の田辺 信宏 市長(左)、鈴与の高橋 副社長(右)>
20221025suzuyo1 520x638 - 鈴与/台風15号被災者を支援、静岡県と静岡市に計1500万円寄付

贈呈式では、鈴与の高橋 明彦 副社長が「台風15号による記録的豪雨で被災した方々が、一日でもはやく普段の生活に戻れるよう、効果的に活用していただきたい」とコメント。

また、支援を受けた静岡県の出野 勉 副知事は「台風15号で想像を絶する被害を受けた方が県内全体に多数いる。いただいた義援金は、市町を通じて被災者に届ける」。

また、静岡市の田辺 信宏 市長は「いただいた寄附金をもとに、床上浸水の被害に遭ったにも関わらず、応急仮設住宅を利用できない方々を支援できる、市独自の制度を早急に設ける」とそれぞれコメントした。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース