マルハニチロ/石巻工場移転に伴い新工場設立

2015年05月20日 

マルハニチロは5月19日、宮城県石巻市脇町の石巻工場を移転し、宮城県石巻市須江地区に新工場を建設すると発表した。

<新工場の完成予想図>
新工場の完成予想図

石巻工場は 1946年の設立以来、グループ冷凍食品事業での基幹工場として、永年にわたり事業発展に大きく寄与してきたが、2011年東日本大震災により被災し、生産設備の殆どと従業員、家族を失った。

震災直後から関係各方面の多大な支援や助力で、残された建屋を改修、事業規模を大幅に縮小しながらも操業を継続してきたが、現在の所在地である門脇町が、国の復興計画によるスーパー堤防計画地に含まれ、同地区での事業継続が困難となった。

このため、石巻市内に新石巻工場として最新鋭の基幹工場を建設する。

新工場の稼働により、グループが成長分野と位置付ける冷凍食品事業での生産・供給体制をいっそう強化することで、グループ全体での最適生産体制を目指して生産効率向上を図り、事業の拡大を図っていく。

新工場は、無人搬送車やロボット等の省人化設備を導入し、従業員の作業軽減と生産性向上を図ったり、IC タグによる入退出管理、入場制限等のフードディフェンスに対応するなど、先進的な設備とする予定。

なお、東日本大震災後、現石巻工場から他工場(札幌、山形、群馬、広島、熊本)へ異動した従業員に加え、ヤヨイサンフーズ気仙沼工場からの異動者を対象に、帰還希望者を募る予定。
また、石巻市と近隣企業と共に災害時応援協定を締結し、災害発生時における拠点として復旧業務の役割を担う予定。

■新工場概要
所在地:宮城県石巻市 須江地区産業用地(現在、造成中)
敷地面積:5万13m2
建物面積:8862m2
延床面積:1万1230m2
構造・規模:鉄骨・地上二階(一部)
着工予定:2016年3月
稼働予定:2017年4月
生産品目:調理冷凍食品
年間生産能力:6600 トン
投資金額:57億円
従業員数:190人

最新ニュース

物流用語集