商船三井ロジ/インドネシアで通関ライセンス取得

2015年06月12日 

商船三井ロジスティクスは6月12日、インドネシア法人MLGインドネシアが通関ライセンスを取得、6月15日からインドネシアでの航空・海上貨物の輸出入通関を自営化すると発表した。

今後、ジャカルタ市内の本社事務所に通関士常駐のもと、航空輸出、海上輸出入の自社通関サービスを提供する。スカルノハッタ国際空港到着貨物の輸入通関は、今年1月開設の「ジャカルタ空港事務所」で通関業務を行うことで、従来に増してスピーディなサービスを提供する環境を整えた。

同社のジャカルタ空港事務所は、スカルノハッタ国際空港内の税関に隣接し、緊急時の対応にも便利な貨物ターミナルの至近距離に位置する。通関自営化により通関、貨物オペーレーションともに自社コントロールが可能となり、顧客にはより利便性の高いサービスを利用できる。

自社通関による真のドア・ツー・ドア一貫輸送の提供を強みとし、航空・海上フォワーディング、設備輸送、赴任者・帰任者の海外引越サービス等をワン・ストップで提供していく。

なお、ロジスティクス・サービスについては昨年10月から営業を開始している倉庫会社・PT.MOL LOGISTICS WAREHOUSEで、自社オペレーションによる輸出入を絡めた商品保管、在庫管理、仕分けピックアップ、および配送を含むディストリビューションなど、顧客のさまざまな要望に対応したサービスを引き続き提供する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集