日通/中国の自動車物流分野で提携

2015年06月16日 

日本通運は6月16日、中国の現地法人の日通国際物流(中国)が、日本通運・東アジアブロック地域総括傘下の中国国内法人を代表する形で、中国の大手自動車メーカー・奇瑞控股など中国系企業が出資する中世国際物流と、6月1日に戦略的提携協議書を締結したと発表した。

<調印式の様子>
調印式の様子

両社は中国国内自動車物流市場を共同開発し、特に外資系メーカー以外の物流案件についても、これまで以上に積極的に取り組むとしている。

中世国際物流は、本社を置く中国安徽省蕪湖市を始め国内に17拠点を構え、奇瑞汽車グループのほか複数の自動車メーカーの部品保管・配送業務や、完成車輸送などを行っている。

奇瑞控股は、中国国内4か所に生産拠点を持ち、主に小型車やスポーツタイプの多目的車(SUV)を生産している。2014年の販売台数実績は約50万台(第9位)、そのうち輸出台数は10万台で、12年連続で首位となっている。

また、ジャガーランドローバー社との合弁事業など、外資との提携を通じてブランドイメージの向上を進めているという。

最新ニュース

物流用語集