郵船ロジスティクス/タイでマツダ向けにロジスティクスサービスを本格提供

郵船ロジスティクスは6月19日、タイ法人Yusen Logistics (Thailand)とマツダロジスティクスの合弁会社であるMazda Logistics & Yusen (Asia)が、タイで受注したマツダ向けの自動車用補修部品の物流サービス業務を本格稼働したと発表した。

<バンコク近郊バンナーの倉庫外観>
20150619yusenlogi1 500x297 - 郵船ロジスティクス/タイでマツダ向けにロジスティクスサービスを本格提供

<倉庫内部>
20150619yusenlogi2 500x314 - 郵船ロジスティクス/タイでマツダ向けにロジスティクスサービスを本格提供

<専用トラック>
20150619yusenlogi3 500x328 - 郵船ロジスティクス/タイでマツダ向けにロジスティクスサービスを本格提供

Mazda Logistics & Yusen(Asia)は、マツダから受注した自動車用補修部品の物流サービス業務を、タイをはじめとするASEAN諸国やオーストラリアなどの約100カ国に向けて提供することを目的に、タイで設立された合弁会社。

主要業務は、自動車部品の倉庫管理(保管、梱包、ピッキング、入出庫)、配送、通関、輸出入での航空・海上フォワーディングで、バンコク近郊バンナー地区の2万2281m2の倉庫を拠点に物流サービスを提供している。

同社は2013年1月の設立以降、同年7月に倉庫業務とタイ国内での輸配送事業を開始、2015年1月には海外への輸出業務を本格始動するなど段階的に業務を拡大した。

今後もマツダの補修部品ビジネスを物流面で支えるため、オペレーション品質の向上に努める。

郵船ロジスティクスグループは中期経営計画で自動車を産業別強化セグメントの一つに掲げ、自動車物流のノウハウと日系物流企業最大規模の倉庫、グローバルネットワークなどを組み合わせ、顧客のニーズに合ったテーラーメードの自動車物流サービスを提供していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集