ロジスポ/物流センター管理システムを刷新、タブレット導入

2015年07月14日 

ロジスポと富士通マーケティングは7月14日、「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit WM 」の導入により、物流センター管理システムを刷新し、5月から稼働していると発表した。

ロジスポは、新システムの導入により、タブレット端末などを活用した現場運用へ改善することで業務効率が約20%向上した。

システムの運用・保守の面でも、荷主や運送会社の追加、送り状の伝票レイアウト変更などに対して柔軟な拡張性を持たせ、今後の事業拡大に対応できる体制を整えた。

あわせて、仮想プライベートクラウドサービス 「FUJITSU Cloud AZCLOUD IaaS」上にシステムを構築したことで、情報セキュリティや事業継続性も確保した。

「Logifit WM」は、物流センターの集中管理によるデータの一元管理が可能で、取引先を追加する際のシステム対応が容易、現場の運用に合わせてフレキシブルにシステムフローを変更することができるソリューション。

ロジスポは「釣り具業界全体を担う物流プラットフォーム」の構築を図り、釣り具メーカーや問屋、小売店の顧客が自社で担っていた物流業務の効率化を支援することで、新製品の開発や顧客サービス向上に注力し、釣り具業界全体の活性化を目指す。

富士通マーケティングは、今回のタブレット端末を活用したクラウド型物流センター管理システムの構築経験を活かし、物流業界でのICTソリューションの最適化と業務効率化を支援していくとしている。

最新ニュース

物流用語集