LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/神戸港で自動車運搬船船内見学会を開催

2015年07月24日/CSR

川崎汽船は7月23日、神戸港第四突堤(ポートターミナル)で7500台積み新造自動車運搬船“Hawaiian Highway”の見学会「川崎汽船・自動車運搬船船内見学会 in KOBE」を日本船主協会との共催により開催した。

20回目となる国民の祝日「海の日」を記念して展開される「海でつながるプロジェクト」の一環として行ったもの。

<見学会の様子>
20150724kawasaki 500x335 - 川崎汽船/神戸港で自動車運搬船船内見学会を開催

20150724kawasaki2 500x334 - 川崎汽船/神戸港で自動車運搬船船内見学会を開催

“Hawaiian Highway”は、川崎汽船が建造中の7500台積み自動車運搬船シリーズ10隻の第一船として7月17日に竣工し、徳山下松港での英国向け都市間高速鉄道車両の初船積みを行った後、見学会のために神戸港に臨時寄港した。

見学会には午前、午後合わせて約200名の見学者が来場。関西各地はもちろん、中には北海道や九州など遠くからも参加。スタンランプ(本船後方の車両・貨物積込口)から乗船し、操舵室、船員居住区、貨物デッキなどを見学した。

操舵室では、船長との記念撮影も行なわれ、子どもはもちろん大人も普段見ることができない自動車運搬船の船内の様子を興味深く見学。引率の海技者や陸上社員、本船乗組員にも積極的に質問をしていた。

なお、「海でつながるプロジェクト」の一環として、コンテ船”BROOKLYN BRIDGE”の見学会を8月3日に東京港大井2号コンテナターミナルで、8月4日に横浜港本牧A-5ターミナルでそれぞれ開催予定。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース