トランコム/4~6月の売上高15.5%増、営業利益27.9%増

2015年07月27日 

トランコムが7月27日に発表した2016年3月期第1四半期決算は、売上高307億5900万円(前年同期比15.5%増)、営業利益12億8500万円(27.9%増)、経常利益は12億7400万円(29.3%増)、当期利益は6億4400万円(15.0%増)となった。

ロジスティクスマネジメント事業の売上高は111億2800万円(16.4%増)、営業利益は6億8200万円(47.0%増)だった。

売上高は、前第1四半期連結累計期間に、消費税増税後の反動減の影響があった拠点が、当第1四半期連結累計期間においては堅調に推移したこと、新規に稼働した拠点が業績に寄与し、増収となった。

営業利益は、売上高の増加に伴う利益の増加、前期に開設した大型拠点の収益力の向上により、増益となった。

物流情報サービス事業の売上高は167億1200万円(16.3%増)、営業利益は5億5300万円(14.9%増)だった。

パートナー企業との連携強化を進める中で、空車情報数は増加した。貨物情報数は微増で推移したが、分析ツールを駆使したアプローチにより、成約件数は堅調に増加した。加えて、ドライバー不足を背景に、運賃単価が上昇したことにより、増収増益となった。

通期は、売上高1226億円(6.9%増)、営業利益58億3000万円(5.0%増)、経常利益57億6000万円(5.3%増)、当期利益30億円(2.5%増)を見込む。

最新ニュース

物流用語集