イオン長泉ロジスティクスセンター/静岡県・長泉町に8月4日竣工

2015年07月29日 

マックスバリュ東海は7月29日、静岡県駿東郡長泉町に8月4日、イオン長泉ロジスティクスセンターが竣工すると発表した。

稼動は9月の予定で、運営に関わるのは鴻池運輸、イオングローバルSCM、イオンフードサプライ。

<イオン長泉ロジスティクスセンター>
イオン長泉ロジスティクスセンター

イオングループの新たな物流拠点として、新東名高速道路長泉沼津ICから南東へ約700mに位置し、静岡県が推進する「内陸のフロンティアを拓く取組」の第1号事業として、昨年9月から建設工事を進めてきた。

主に静岡県内のマックスバリュを中心とする75店舗への商品供給を担う新たな拠点として、商品の集荷と配送などの物流機能と、生鮮商品の加工や弁当・サラダなどデリカ商品の製造を行う。

マックスバリュ東海では、新センターを活用し、店舗運営面での効率改善をはじめ、今後の店舗戦略への対応強化を進める。

同時に、より安全で安心な商品の供給や地元の食材、地元の味にこだわった商品開発を進め、地域密着経営の具現化を図るとともに、これまで以上に顧客にとって価値ある商品の提供を目指す。

新たな雇用創出や地元食材の調達と活用による地域活性化にもつなげていく。

■施設概要
施設名称:イオン長泉ロジスティクスセンター
住所:静岡県駿東郡長泉町上長窪359
用途:低温物流センター及び食品加工
敷地面積:3万1932m2
延床面積:2万5853m2
建物構造:鉄骨造2階建

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集