エーアイテイー/天津新港における爆発事故、直接被害なし

エーアイテイーは8月17日、天津新港における爆発事故の影響について、グループでは直接的な被害はないと発表した。

同社は、天津市にはグループの拠点あるものの、すべての従業員に人的被害もなかった。

サービスの状況について、天津港はポートクローズとなっていたが、現在は、解除された地区もあり、本船入出港が可能となっている。

しかし、事故周辺地域については封鎖されている地域も多く、税関などの港湾関連機関も一部影響を受けており、臨時オフィスで業務を行っているところもあるため、当面、天津港発着の海上貨物については遅延が生じることが予測されているという。

天津空港は通常通り運営されていると状況を公表している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集