IHI/デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道、鋼橋建設工事契約に調印

2015年08月21日 

IHIは8月21日、関係会社のIHIインフラシステムが、インド共和国の最大手のゼネコンLarsen &Toubro Limited(L&T)社とのJVで、インド政府鉄道省傘下の貨物専用鉄道公社と、「デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道西線の鋼橋パッケージ15A、15B、15C」の契約に調印したと発表した。

工事は首都デリーとインド西海岸の玄関港であるムンバイを結ぶ1500kmの高速貨物専用鉄道線の西線のうち、両端部の555km区間中に、橋長60m~1400mまでの計12の鋼橋と橋長7m~21mのコンクリート橋5橋を建設する工事。

鋼橋の橋梁形式はトラス橋(標準スパン約48m)で、架設には日本でも広く普及している手延べ機を使った送り出し架設工法が用いられる。工事は2015年9月末に着工、2019年9月末に完成する予定。

なお、インド国内の貨物輸送量は年々増加する中、大容量化かつ高速化等による貨物輸送能力の強化が喫緊の課題となっている。今回受注した工事は、日印両政府が共同で推進する「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」(Delhi-Mumbai Industrial Corridor)の根幹をなすプロジェクトで、日印経済協力の象徴的案件と位置付けられている。

西線の建設工事全体では、過去最大規模の4500億円を超える円借款事業となる。全線開業後、輸送時間が大幅に短縮されることから、同国の物流ネットワークの効率化と、経済発展への寄与も期待されている。

■工事概要
発注者:Dedicated Freight Corridor Corporation of India Limited
所在地:ニューデリー
DFC(貨物専用鉄道)プロジェクトのため2006年に設立
工事場所:Dadri~Rewari間+ Vadodara~JNPT間(555km)西線
受注者:IIS:所在地 大阪府堺市
L&T:所在地 ムンバイ
先端資本財の製造と建設系コングロマリット
受注金額:約210億円
概要:鋼橋12橋および小規模コンクリート橋5橋の建設工事

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集