日通/新たなグローバル標準倉庫管理システムをリリース

2015年09月07日 

日本通運は10月1日、新たなグローバル標準倉庫管理システム「NEWTON」をリリースする。

<概要図>
概要図

システムは標準機能を従来システムより充実させると同時に、日通のこれまでのノウハウを元に「業種別テンプレート」を準備し、導入・開発にかかる期間と費用を削減した。

日・英・中国語のメニューを標準で用意。要望に応じた言語にも対応可能。多通貨換算(円、ドル、元など)保税管理などの機能も装備している。

顧客ERPソフトとの連携機能を強化。日通の既存システムとの連携機能を標準で用意している。

在庫回転率/日数、作業生産性、配達完了率など、提供可能な各種実績データを用意。プライベートクラウド環境を利用し、作業拠点にはサーバを置かないため、拠点での情報漏えいや改ざんを防止する。

ネットワーク回線の二重化、データセンター内のバックアップ機能に加え、一部の設備が故障してもサービスを継続して提供できる冗長化構成で大規模災害等によるデータセンターの被災等にも対応している。

同社では、2015年度中に20案件の展開を予定しているが、昨年8月以降、現在までに8案件で試行運用済みだ。

最新ニュース

物流用語集