三井倉庫HD/加須市に2万m2のヘルスケア専用物流施設稼働

三井倉庫ホールディングス(三井倉庫HD)は9月16日、関東地区で初のヘルスケア事業専用物流施設「関東P&Mセンター」を埼玉県加須市に完成し、稼動した。

<関東P&Mセンター外観>
20150917mitsuis 500x281 - 三井倉庫HD/加須市に2万m2のヘルスケア専用物流施設稼働

医薬品・医療機器業界での製造と卸売販売等の関連拠点との連携に有利な埼玉東部(関東中央部)にあり、圏央道の白岡菖蒲インターチェンジから約4kmと至近で、東西南北につながる広域幹線道路網を通じ東日本、全国各地への配送が可能な立地。

東日本でのヘルスケア事業専用の物流拠点が完成したことにより、東西でヘルスケア専用の高機能物流施設を有することになった。

今後も需要の伸びが見込まれる医薬品・医療機器の取扱に必要とされる高度な品質管理への対応、市場への安定供給を実現するとともに、施設の東西分散化により顧客のBCP対策にも貢献しうる物流施設として運営していく。

自社雇用の管理薬剤師を配置し、製造業・卸売販売業などの業許可を取得しているため、高品質なオペレーションを顧客のサプライチェーンに包括的に提供する。

兵庫県神戸市で稼働中の西神戸事務所第1センター(2012年11月竣工)と第2センター(2015年5月竣工)同様に、医薬品・医療機器のセンター運営から配送まで一貫した物流サービスを提供する。

ヘルスケア事業専用施設に必要とされる厳密な温度管理体制と高度なセキュリティを確保している。

<ヘルスケア関連事業のトータルサービスの新ブランドロゴ>
20150917mitsuis2 - 三井倉庫HD/加須市に2万m2のヘルスケア専用物流施設稼働

グループではヘルスケア専用施設の名称を「P&Mセンター」に統一し、既に稼働中の西神戸事務所も関西P&Mセンターに名称変更する。

医薬品・医療機器を取り扱う物流施設とグループが提供するヘルスケア関連事業のトータルサービスの新ブランドロゴとして、「Pharma & Medical Innovation」(商標登録出願中)の使用を開始する。

■施設概要
名称:関東P&Mセンター
住所:埼玉県加須市芋茎1248-12
規模:3階建て、延床面積19470m2
主な設備:免震装置、自家発電装置(72時間)、屋上太陽光発電(300kw)、全館LED照明、全館ICカードによる入退館、機械警備等

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集