ティーライフ/物流センター稼働で新規事業参入

2015年09月25日 

通販のティーライフは9月25日、不動産賃貸事業などの事業目的を定款への追加を決めた。

既存事業の多様化、今年3月に物流センターの稼働に伴い新規事業の参入を可能とするため、不動産賃貸事業と食品・日用品・化粧品などの製造について、定款に追加する。

不動産賃貸事業は、物流センターとして取得した建物の一部を顧客企業等へ賃貸する考え。

静岡県袋井市にグループ全体の物流拠点を取得し、8月にティーライフ物流センターとして稼働した。

倉庫の延床面積は3.3万m2で、東名高速道路袋井ICから2kmの立地。

最新ニュース

物流用語集