パナソニック/メキシコに北米向け換気扇生産拠点を新設

2015年10月13日 

パナソニックエコシステムは10月13日、パナソニックAVCネットワークス アメリカ(PAVCA)の、メキシコの生産工場 パナソニックAVCネットワークス バハカリフォルニア(PAVCBC)内に天井埋込形換気扇の生産拠点を新設し北米の換気扇事業を強化すると発表した。

北米の換気扇事業をさらに強化するために、新たにメキシコに天井埋込形換気扇の生産拠点をPAVCBC内に新設する。従来の中国生産と比較して、リードタイム短縮、コスト力強化などの効果を見込んでいる。

2016年10月に生産を開始し、主にアメリカやカナダ向け天井埋込形換気扇を生産。2018年度には年間約130万台を出荷する予定。

生産拠点の新設により、2014年度約100万台であった北米市場でのパナソニック換気扇の販売を2018年度150万台規模に引き上げる。

■新生産拠点の概要
所在地:パナソニックAVCネットワークス バハカリフォルニア
    メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州ティファナ市
(2do Eje Oriente Poniente #19400 Ciudad Industrial C.P.22444 Tijuana B.C. Mexico)
延床面積:8万6721m2(2階建て)
生産品目:天井埋込形換気扇
生産開始:2016年10月
生産計画:2016年度25万台規模、2018年度130万台規模
仕向地:北米

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集