コープ東北サンネット/RFID利用の搬送容器管理システムを物流現場に導入

凸版印刷は10月28日、UHF帯RFIDを用いた物流向け搬送容器管理システムを開発し、生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(コープ東北サンネット事業連合)が2016年6月1日に稼動する物流拠点「コープ東北ドライ統合物流センター」の搬送容器管理で、採用されたと発表した。

<採用された防水対応ICタグラベル>
20151029toppan1 - コープ東北サンネット/RFID利用の搬送容器管理システムを物流現場に導入

<コープ東北ドライ統合物流センターでの利用イメージ>
20151029toppan2 - コープ東北サンネット/RFID利用の搬送容器管理システムを物流現場に導入

凸版印刷が2006年から提供している循環資材管理パッケージソフト「NETLOOPASS」の機能をカスタマイズして開発した。

コープ東北サンネット事業連合が使用している折り畳みコンテナやカゴ車、カートラックなどの搬送容器にICタグラベルを貼付。容器の所在や在庫状況を、ネットワークを通じて把握できる。

コープ東北サンネット事業連合はこのシステムを導入したことにより、搬送容器の輸送状況・所在が可視化され、滞留や紛失を防ぐ効率的な運用が可能になる。

取り付け手法や場所、読み取り方法などを工夫することにより、素材や形状の違うすべての搬送容器に対し同一仕様の防水対応ICタグラベルの導入を実現。導入コストの削減と、管理対象となる搬送容器の範囲拡大に貢献した。

システムの運用にあたって、「コープ東北ドライ統合物流センター」の運営委託事業者である丸和運輸機関が全体運営・管理を、東芝テックがICタグの印字・エンコード、ならびに周辺関連機器の販売・保守を行う。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集