LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

井本商運/540TEU型コンテナ船を竣工、京浜~阪神~門司・博多航路に投入

2015年12月10日/IT・機器

井本商運は12月10日、建造中であった国内最大船型の540TEU型内航コンテナ船の命名引渡式を、12月11日に行うと発表した。

<540TEU型内航コンテナ船>
20151210imotosyoun 500x334 - 井本商運/540TEU型コンテナ船を竣工、京浜~阪神~門司・博多航路に投入

引き渡しを受けた後は、太平洋側を縦断する内航の基幹航路である京浜~阪神~門司・博多航路に投入し、使いやすさを目指したウィークリーによる定曜日サービスを実施する。

スケジュールは、京浜(火・水)~神戸(金)~門司(土)~博多(土)~神戸(月)~京浜(火・水)で、12月23日(水)京浜起しでスタートする。

これまで、京浜~門司・博多間は、阪神港で積替が必要だったが、就航により船型を大型化すると共に、業界初の直航サービスに改編し、安定的な輸送を実現した。

この計画は、国交省の推進する国際コンテナ戦略港湾政策に則っており、大型化によるコスト競争力を実現することで、国際フィーダー貨物を戦略港湾にいっそう集荷することを目指すと共に、国内貨物(動脈・静脈)についても、トラックドライバー不足、環境問題の解決策としてのモーダルシフトの受け皿と位置づけ、海上コンテナ輸送の拡大に貢献していく。

正面からの風圧抵抗を低減し燃費向上につなげるため、コンテナ船で世界初となる球状船首を採用した。

同時に、操舵室・居住区を船首に配置することで、積載効率も向上させた。

総トン数は7390トン、載貨重量は6953トンと、従来の内航コンテナ船の約3倍の積載能力を持ち、今後の需要の拡大に備えて、冷凍コンテナを100個積載する能力を持つ。

機関関係では、「高度船舶安全管理システム」(HANASYS EXPERT)を搭載し、主機データをインターネット回線経由により24時間陸側から監視することによって、機関の不具合や不調を事前に予知・察知して重大事故を未然に防ぐと共に、機関部員の省人化や保守整備費用の削減を図っている。

球状船首の採用に加えて、水線下の船型の改良、高効率プロペラ及び摩擦抵抗を低減する超低燃費型船底防汚塗料などを採用することなどにより従来型船型と比べて10%近い省エネを目指し、次世代型大型内航コンテナ船による省エネ実証事業として、国土交通省と経済産業省が連携して行う「省エネ型ロジスティクス等推進事業(革新的省エネ型海上輸送システム実証事業)」に認定されている。

■主要目
船主名:井本商運
運航船社:井本商運
船種:コンテナ専用船
船型:船首船橋、船尾機関室型
主要貨物:コンテナ(20ft、40ft、45ft対応)
進水日:2015年8月26日
全長:約136.20m
垂線間長:126.00m
幅:21.00m
深さ:9.20m
満載喫水:6.00m
総トン数:7390t
載貨重量:6953t

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース