ヤマト運輸/宅配ロッカーインフラを構築へ

2016年01月28日 

ヤマト運輸とネオポストは1月28日、宅配便の利便性向上と再配達軽減に向け、日本でオープン型宅配ロッカーインフラを構築する発表した。

オープン型宅配ロッカーは、ヤマト運輸だけでなく、他の宅配事業各社が共同利用できる新たなインフラを目指すもので、導入する宅配ロッカーは常閉型のロッカーを採用する。

宅配ロッカーの設置箇所は、駅など誰でも簡単にアクセスできる場所の設置を想定している。

ネオポストグループは、フランス郵政グループLa Posteの子会社であるGeopostと合弁でPackCity Franceを設立し、フランス国内でオープン型宅配ロッカーネットワークを構築し、エンドユーザーの利便性の向上に取り組んでいる。

現在、フランス国内で250台のオープン型ロッカーを設置運営し、今後フランス国内で3000台の設置を目標にしている。

日本では、両社が、オープン型宅配ロッカーを事業化のため合弁会社(出資比率:ネオポスト51%、ヤマト運輸49%)を3月に設立する予定で、ネオポストは、ロッカー本体、ソフトウエア、ITインフラの提供する。

ネオポストが持つ宅配ロッカーインフラ構築のノウハウを活用することで、日本国内で宅配各社が利用出来る「オープン型」の高品質で利便性の高い新たな宅配ソリューションの提供を実現して行くとしている。

■ネオポストの概要
名称:NEOPOST S.A
所在地:113, rue Jean-Marin Naudin 92220, Bagneux France
事業内容
Mailing事業:郵便料金計器及び関連製品の製造販売(世界No.2シェア)、インサーター(封入封緘機)の製造販売(世界No.1シェア)
Shipping事業:デジタル分野(顧客とのコミュニケーション管理、データ品質ソフト)、サプライチェーン分野およびeコマースの効率化(販売から配送、追跡サービスまで)などの最先端ソリューションの提供
設立年:1924年 (1999年パリ ユーロネクスト証券取引所 上場)
従業員:約6200人
その他:世界31カ国で展開。2014年度の売上げは約11億ユーロにのぼり、製品・サービスは90カ国以上で提供されている。

■PackCity
http://www.packcity.com/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集