川崎汽船/7500台積み自動車運搬船、横浜港大さん橋でお披露目

川崎汽船は2月12・13日に7500台積み自動車運搬船10隻シリーズの第三船目となる「DRIVE GREEN HIGHWAY」が横浜港大さん橋国際客船ターミナルでお披露目式と見学会を開催した。

<赤レンガ倉庫と停船中の「DRIVE GREEN HIGHWAY」>
20160216kawasakik 500x333 - 川崎汽船/7500台積み自動車運搬船、横浜港大さん橋でお披露目

<操舵室の見学の様子>
20160216kawasakik2 500x333 - 川崎汽船/7500台積み自動車運搬船、横浜港大さん橋でお披露目

船の建造は、最先端の技術を結集して究極の省エネと環境保全を追求する「DRIVE GREEN PROJECT」として進められてきたもの。

幅広デザインなどにより積載可能台数を約20%増やすとともに、先進の環境技術を採用することで、輸送車両1台あたりの二酸化炭素(CO2)排出量を25%以上、窒素酸化物(NOx)を50%以上、硫黄酸化物(SOx)を90%以上削減することを可能としている。

お披露目式・見学会には約800名が集まった。

■本船概要
主要寸法:全長199.99mx幅37.50mx深さ38.23m
載貨重量:2万34トン
総トン数:7万6387トン
船籍:パナマ

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集