日本郵船/海運・物流分野の次世代ソリューション開発で新会社設立

日本郵船とグループ会社のMTI、NYK Bisiness Systems、ウェザーニューズ、構造計画研究所は3月14日、共同でSymphony Creative Solutions(SCS社)をシンガポールに設立すると発表した。

提携する5社は、海運・物流分野での次世代ソリューションの共同開発に向けた取り組みを「SYMPHONYプロジェクト」と名付け、2014年7月からアジアでの完成車物流事業を中心に展開してきたが、IoT(Internet of Things)など特にIT分野を中心に急速に進みつつある技術革新の流れを捉え、ますます高度化していく物流現場のニーズに対応できる革新的なソリューションを開発するため、SCS社という新規事業会社でさらにこの取り組みを発展させていく。

SCS社では、日本郵船グループが世界的に展開する海運・物流事業で培ってきた知見・現場力・グローバルネットワークと、ウェザーニューズが持つ革新的インフラネットワーク・気象予報技術、構造計画研究所が持つ高度なオペレーションズリサーチ技術・データ分析技術を駆使した最先端のシミュレーションを融合させつつ、ソリューション開発においては、シリコンバレーを中心としたベンチャー企業のワークスタイルに基づく「スピード重視の手法」を全面的に取り入れていく。

なお、SCS社の本社オフィスは、アジアにおけるITベンチャー企業の集積地であるシンガポールのBlock71地区に開設予定。

この取り組みは、「きらり技術力育成ファンド」の第1回目の募集で採用された案件であり、日本郵船グループは、中期経営計画「More Than Shipping 2018」で掲げた「きらり技術力」を推進し、サプライチェーンでの新たな価値を創造し、顧客の物流ニーズを支える革新的な次世代サービスを開発・提供することを目指していく、としている。

■5社の概要
ウェザーニューズ
設立:1986年6月11日
本社:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデン
事業内容 法人向け:気象情報に基づく企業・官公庁向け対応策情報(問題解決型コンテンツ)サービス
個人向け:スマートフォンアプリやインターネットサイトを通じた情報提供サービス

構造計画研究所
設立:1959年5月6日
本社:東京都中野区本町4-38-13 日本ホルスタイン会館内
事業内容:耐震・環境評価コンサルティング、構造設計支援システム、製造業向け営業・設計支援システム、マーケティングコンサルティング、最適化・ 物流システムなどのエンジニアリングコンサルティング業務および、建設系構造解析・耐震検討ソフト、電波伝搬・電磁波解析ソフト、製造系 設計者向けCAEソフト、統計解析・画像認識ソフトなどのプロダクツサービスの提供

MTI
設立:2004年4月1日
本社:東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビル7階
事業内容:船舶関連の環境・省エネ技術の研究開発、船舶運航技術の研究開発、輸送品質のコンサルティング、物流技術ソリューションの研究開発、コンサルティング

NYK Business Systems
設立:1988年4月1日
本社:東京都中央区新川1-17-21茅場町ファーストビル5階
事業内容:コンピューターおよび通信の利用に関するノウハウ・データベースの提供、物品の国際的な運送、保管、通等に関する調査研究の受託、コンピューターシステムの企画、開発、運営

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集