郵船ロジスティクス/メキシコ・グアナファト州に多機能物流施設を建設

2016年03月25日 

郵船ロジスティクスは3月25日、メキシコ法人のYusen Logistics(Mexico),S.A.dcがメキシコ・グアナファト州セラヤし近郊に今年オープンする新施設「バヒオ・ロジスティクスセンター」の建設を開始した。

<完成予想図(倉庫)>
完成予想図(倉庫)

<完成予想図(コンテナデポ)>
完成予想図(コンテナデポ)

<3月11日に実施した起工式の様子(左から)三好 邦彦(米州地域総括 兼 Yusen Logistics (Americas) Inc.社長)、Gonzalo Gonzalez Centeno(Apaseo el Grande市長)、Jordan Dewart(Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.副社長)>
3月11日に実施した起工式の様子(左から)三好 邦彦(米州地域総括 兼 Yusen Logistics (Americas) Inc.社長)、Gonzalo Gonzalez Centeno(Apaseo el Grande市長)、Jordan Dewart(Yusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.副社長)

バヒオ・ロジスティクスセンターは自動車産業が集積するメキシコ中央高原バヒオ地区のAmistad Bajio工業団地内に建設する。

約6万7000m2の敷地に、トレーラー積み替え効率を高めるクロスドック型倉庫、海上コンテナの一時保管を可能にする内陸コンテナデポ、国内JIT配送やミルクラン、米墨間クロスボーダー輸送を想定した大型トレーラーヤードを備えた多機能物流施設として、近年高まる自動車物流のニーズに対応するとしている。

郵船ロジスティクスはこれまで、米墨間物流の最重要拠点であるテキサス州ラレード市に、同地に展開する物流会社としては最大級の倉庫を構え、通関業務、流通加工、クロスドック、自由貿易地域内の在庫オペレーションなどの物流サービスを提供してきた。

「バヒオ・ロジスティクスセンター」はメキシコでのNAFTA物流の重要拠点として、非居住者在庫やクロスドック、生産工場へのJIT配送を可能とし、北中米での顧客サプライチェーンをサポートする。

アジアや欧州との国際物流では、併設する内陸コンテナデポや大型トレーラーヤードを活用し、さまざまな形での保管・配送方法などを提案する。

2015年6月にメキシコシティ空港保税区域内外で航空貨物の輸出入業務自営化を開始しており、今後拡充するグアダラハラ空港やモンテレー空港の自営業務と合わせて同センターをメキシコでの物流の集約拠点として保管や流通加工など各種サービスを提供する。

メキシコは2015年に完成車の生産台数が330万台を突破し世界7位の自動車生産国となった。現在も自動車組立工場などの建設ラッシュが続いており、2020年には生産台数が500万台を突破するといわれている。

郵船ロジスティクスはグループ中期経営計画 “GO FORWARD, Yusen Logistics -Next Challenges-“でメキシコを重点地域と位置付けており、オープンする新施設を長年の実績を誇る米墨間クロスボーダー輸送と組み合わせ、あらゆる顧客の物流ニーズに応える多機能物流施設として活用していくとしている。

■施設概要
名称:バヒオ・ロジスティクスセンター / Bajio Logistics Center
所在地 Parque Industrial Amistad Bajio, Apasep El Grande, State of Guanajuato, Mexico
敷地総面積:約6万7000m2
・倉庫5000m2
・コンテナデポ7260m2
・トレーラーヤード4440m2
・事務所1000m2
倉庫は需要に応じて拡張を検討
稼働予定:2016年中

最新ニュース

物流用語集