日通/インド・チェンナイ近郊に1.8万m2の新倉庫着工

2016年05月09日 

日本通運は5月9日、インド日通ロジスティクスが4月22日にインド南東部アンドラ・プラデッシュ州にあるスリシティ工業団地で、新倉庫を着工したと発表した。

<新倉庫イメージ>
新倉庫イメージ

チェンナイは自動車産業をはじめとする南インドの主要な物流ハブ拠点で、同地域での倉庫・配送など物流全般の顧客ニーズに応えるため、拠点を新設する。

規模は、敷地面積8.6万m2、延床面積1.8万m2で、来年3月企業の予定。

新倉庫では、倉庫業務(資材・製品貨物保管と管理、流通加工業務等)、配送業務(ジャスト・イン・タイム デリバリー、ミルクラン等)を行う。

チェンナイ近郊に位置するスリシティ工業団地に位置し、14社の日系企業を含む約40社の外資系企業が工場拠点を構えている。

■新倉庫の概要
住所:6600 Central Express Way Sri City, Mopurupalli Village, Varadiahpalem Mandal, Chittoor District, Andra Pradesh 517541 India
敷地面積:86,106m2
延床面積:18,645m2
内訳
普通倉庫:17,901m2
庇(幅17.5m):555m2
倉庫内事務所:189m2
事務所:2階建て852m2
主要設備:低床ホーム(庇付き)、高床ホーム、ドックレベラー9基、自家発電機

最新ニュース

物流用語集