小僧寿し/成長戦略でSCM機能強化

2016年05月13日 

小僧寿しは5月13日、「新生小僧寿しチェーン」の新たな成長戦略に基づいた事業運営方針を発表した。

事業方針の骨子の一つに、サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)機能の強化を挙げている。

全国的なフランチャイズ事業体制の構築を目指し、筆頭株主である東洋商事が所属する阪神酒販グループの購買・物流機能を活用したSCM体制の強化をし、全国を網羅した購買・物流網の構築を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集