富士通/製造工程見える化実験で、輸送コストを30%削減

2016年05月19日 

富士通は5月19日、島根富士通において、富士通のIoTデータ活用基盤「FUJITSU Cloud Service IoT Platform(IoT Platform)」と「インテル IoTゲートウェイ」を連携させ、製造工程を見える化する実証実験を実施したと発表した。

<島根富士通での実証(リペア工程の見える化)>
島根富士通での実証(リペア工程の見える化)

製造ライン上の機能試験工程、リペア工程の適正化を実現し、出荷遅延による追加輸送コストを抑制することで、輸送コストを30%削減した。

富士通とインテルは2015年5月に、富士通の先端技術と、相互運用可能なIoTソリューションである「インテル IoTゲートウェイ」とを連携させることでより最適なシステム環境を構築し、価値の高いIoTソリューションを提供することを目指して連携することで合意した。

その実証実験として、昨年5月より主にノートPCの製造を手掛ける島根富士通において、工場の見える化によって製造工程の効率化を図る取り組みを行ってきた。

最新ニュース

物流用語集