東急建設/渋谷駅再開発で、工事現場の物流をジャスト・イン・タイム化

東急建設と福井コンピュータは5月23日、現場に資機材を搬入する車両やクレーンによる揚重作業のスケジュールを一元管理するシステム「DandALL(ダンドール)」を共同開発し、渋谷2大現場である渋谷駅街区東棟、渋谷駅南街区プロジェクトの工事現場にそれぞれ導入したと発表した。

<資機材搬入・揚重管理支援システムを導入した工事現場>
20160523tokyu1 500x375 - 東急建設/渋谷駅再開発で、工事現場の物流をジャスト・イン・タイム化

<資材搬入車両と揚重作業のスケジュールを現場全体で共有する「DandALL」の画面>
20160523tokyu2 500x241 - 東急建設/渋谷駅再開発で、工事現場の物流をジャスト・イン・タイム化

資機材搬入・揚重管理支援システム「DandALL」は、工事現場に資機材を搬入する車両やクレーンによる揚重作業のスケジュールを一元管理するシステムであり、工事関係者が持つスマートフォンやタブレット端末でリアルタイムに資機材搬入情報を共有することができる。

従来のように、スケジュールを表計算ソフトやホワイトボードに書き込んで管理する方法では、予定の変更があった場合には、確認のためのタイムロスが避けられなかった。

「DandALL」を導入したことにより、工事現場の物流のジャスト・イン・タイム化を実現し、「搬入待ち」「揚重待ち」といった“手待ちのムダ”を飛躍的に削減できるようになったという。

<搬入車両確認をスマートフォンで行うイメージ>
20160523tokyu3 500x375 - 東急建設/渋谷駅再開発で、工事現場の物流をジャスト・イン・タイム化

システムの概要では、まずスマホの画面にゲートに入る予定車両の情報が時間軸で表示される。資材搬入を担当する協力会社名やナンバープレートの番号、運転手名、運転手の携帯番号など、ゲートの出入りを管理するガードマンが必要な情報がまとめられている。

同じ情報は、クレーンの玉かけや揚重を行う担当者、届いた資機材を使用する協力会社もリアルタイムに確認することができる。車両の到着が遅れそうという連絡が運転手から入ったときは、即座にスケジュールを修正し、その情報がリアルタイムに関係者にも伝えられるシステムになっている。

事務所に戻って操作する必要がなく、搬入車両の情報としては、車両ナンバー、会社名、ドライバー電話番号、荷受け担当者など、搬入や揚重の管理に必要な情報を自由に登録することができる。

今後、「DandALL」の機能に受け入れ検査や伝票管理との連動を追加するとともに、生コンを搬入するコンクリートミキサーにも適用範囲を広げていく予定。

揚重スケジュール記録をもとに、予定と実際を比較し、さらにムダのない高精度な揚重スケジュールを追求していく。改良を重ねながら順次他の現場へも本システムを導入していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集