CKD/基幹システムを会計、販売、購買、在庫、生産の領域で順次刷新

2016年07月15日 

SAPジャパンは7月15日、自動機械装置・機能機器の総合メーカーのCKDが、SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用を決定したと発表した。

SAP S/4HANA Enterprise Managementは、会計領域以外にも、あらゆる業務部門のビジネスプロセスをカバーする最新バージョンで、販売、購買、在庫、生産の領域で2017年4月より順次稼働を目指す。

CKDでは、現状の基幹システムに発生しているさまざまな課題を解消するとともに、さらなるグローバルでの事業拡大に向けた仕組みを整備するため基幹システム全面刷新を検討していた。

従来システムでは、引合・先行情報に対する製造指示などの二重入力やコード体系の未統一によるデータ修正作業など、手作業の業務プロセスが発生しており、これらの効率化が課題となっていた。

また、リアルタイムでの在庫情報の把握や、詳細な原価分析のための情報活用に対するニーズも高まっていた。さらに、グローバルでの事業拡大に向け、業務プロセスの標準化と、情報管理レベルの向上が求められていた。

このような課題に対して、複数社のシステムを比較検討した結果、中長期におけるグローバル展開への対応力や実績、ベストプラクティスをベースにした経営改革や業務改革の実績、機能要件に対する高い適合率などが評価され、SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用を決定した。

今回CKDは、SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用を決定し、会計、販売、購買、在庫、生産の領域でシステムの刷新を計画している。

導入プロジェクトは、2016年6月に開始し、会計部分のシステム稼働は2017年4月を目指している。その後、販売、購買、在庫、生産の領域についても順次稼働する計画だ。

最新ニュース

物流用語集