KADOKAWAグループの物流会社/画像・重量検品ソリューション導入

日本電気(NEC)は8月26日、KADOKAWAグループの物流会社であるビルディング・ブックセンター(以下:BBC)から、画像認識技術を活用し、複数商品の自動一括検品を可能とする「画像・重量検品ソリューション」を受注したと発表した。

「画像・重量検品ソリューション」は、NEC独自の高速・高精度な画像認識技術と重量計を活用し、検品対象の商品を予め登録した商品の画像・重量情報と照合することで、商品の品目と数量を瞬時に特定するもの。

BBCが取り扱うキャラクターグッズの出荷検品を行う物流ラインに導入し、年内の稼働を予定している。

バーコードなどの商品識別情報や人手による目視確認がなくても自動で正誤の確認を可能とし、物流現場の出荷検品業務の効率化と品質確保を同時に実現する。

BBCでは従来、誤出荷防止のため、キャラクターグッズなどバーコードをつけられない商品について、出荷前に二重・三重と人手で確認を行ってきた。

今回BBCは、これらの商品の出荷検品を行う2つの物流ラインにこのソリューションを導入し、約30%程度の業務効率化を見込んでいる。

今後、同ソリューションを検品業務だけでなく、他ラインや業務への適用など利用の拡大を検討していく。

■画像・重量検品ソリューション
http://jpn.nec.com/kenpin/index.html

■問い合わせ
NEC 
交通・物流ソリューション事業部
TEL:03-3456-3557

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集