国交省/効率的物流ネットワーク強化、国際コンテナ戦略港湾を機能強化

国土交通省は、2017年度の予算概算要求で効率的な物流ネットワークの強化として、2974億円を要求している。

大都市圏環状道路等の整備やピンポイント渋滞対策等を併せて推進し、交通渋滞の緩和等による迅速・円滑で競争力の高い物流ネットワークの実現を図る狙い。

対策として、三大都市圏環状道路等の整備の推進、トラック輸送と空港・港湾等との輸送モード間の接続(物流モーダルコネクト)の強化、近畿圏の高速道路料金の見直し、大型車誘導区間における道路構造上の支障部分の計画的な解消、電子データを活用した自動審査システムの強化による特車通行許可の迅速化を進める。

国際コンテナ戦略港湾等の機能強化として、961億円。

産業競争力を強化するため、コンテナ船の基幹航路の維持・拡大を図るとともに、資源・エネルギー等の安定的かつ効率的な海上輸送網の形成を推進する。

「集貨」「創貨」「競争力強化」の施策の推進、LNG燃料供給(バンカリング)拠点の形成、大型のばら積み貨物船に対応した港湾機能の強化や企業間連携の促進を進める。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集