日本郵船/ニューヨークでコンテナターミナルに出資

日本郵船は11月17日、子会社のNYK Ports LLCがMacquarie Infrastructure Partners III, L.P.は米国ニューヨーク・ニュージャージー港でターミナル事業を営むMaher Terminals USA.LLC(Maher)に資本参画を決定、11月16日、NYK Ports LLCがMaher株式の20%を取得したと発表した。

<Maherのターミナル全景>
20161117nyk 500x333 - 日本郵船/ニューヨークでコンテナターミナルに出資

ニューヨーク・ニュージャージー港は後背地に大規模な消費地を抱える北米東岸でコンテナを取り扱う最大の港。

Maherが所有するターミナルは年間コンテナ取扱能力が300万TEU、1万4000TEU型の大型コンテナ船にも対応可能な同港で最大規模のターミナル。

今後、中国から東南アジアへ生産拠点がシフトすることで、スエズ運河経由北米東岸向けの需要拡大や、パナマ運河拡張に伴う北米東岸向け船舶の大型化が見込まれ、同ターミナルの重要性はますます高まることが予測されるとしている。

日本郵船グループは、新中期経営計画“More Than Shipping 2018~Stage2 きらり技術力~”で策定した事業戦略に基づき、ターミナル関連事業と定期船事業がシナジー効果を発揮できるよう、今後もグローバルなコンテナターミナルのネットワーク強化に取り組んでいく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集