SGムービング/品質選手権を開催

2016年12月02日 

SGムービングは11月17日に「2016年度SGムービング品質選手権」を開催した。

<集合写真>
集合写真

<養生搬入競技の様子>
養生搬入競技の様子

5回目を迎えた今大会では、パートナー企業3チームも含めて全国から予選を勝ち抜いた9チーム、総勢18名の選手が、日頃培った技術を「筆記試験」「梱包作業」「養生搬入」の3種目の合計点で順位を競った。

今回は女性チームが出場、女性ならではの極め細やかな梱包やマナーを披露し、女性活躍もアピールした。

実施場所は夢の島にある東京スポーツ文化館のメインアリーナ(1410m2、客席600席)を貸切り、約1000枚の養生シートを引き詰めて実施した。

来賓は、顧客、パートナー企業、業界団体を含め約500名を迎えた過去最大の規模。大会では競技のみならず、美術品の梱包や特殊梱包資材等のデモンストレーションを行った。

なお、SGムービングは主要事業である引越・設置輸送事業でのさらなる「サービス品質」の向上を重点施策とし、同事業に従事する専門スタッフ育成の強化が必要であると考えている。そのため2012年度から「SG ムービング品質選手権」を開催し、専門スタッフの技術力とマナー向上に取り組んでいるもの。

■競技結果
優勝:SG ムービング 札幌営業所 佐藤亨生・堀 裕貴
準優勝:ブレックス 宮田 楓・瀧島由唯

最新ニュース

物流用語集