ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

関連キーワード:

その象徴として、最大30名の児童を預かれる託児所(BARNKLUBB バーンクラブ)、ショップ(KLUBB Shop)、大型テレビやWi-Fiを完備し大阪湾の眺望が楽しめるラウンジ(KLUBB Lounge)、ウッドデッキテラスなど、隅々までデザインにもこだわり、従業員が通勤するのを楽しみに快適に働いてもらえるようなアメニティをESRとして初めて完備した。

<ラウンジ>
20161213esr8 500x335 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

<ラウンジのテラス部分>
20161213esr9 500x335 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

<ラウンジ内のソファー席>
20161213esr10 500x256 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

<夜のラウンジ>
20161213esr11 500x333 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

<倉庫内部>
20161213esr12 500x281 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

倉庫部分には2つのランプウェイを備え、1階から3階は中央車路を配置。3~4階は荷物用エレベーター10基を装備し、多層階オペレーションも可能。共用部に監視カメラも設置し、セキュリティ管理面もサポートする。

BCP対策としてあらゆる非常事態での停電に備え、非常用自家発電機も装備している。

クロスドック物流にも適応でき、冷蔵冷凍設備の増設も可能で、食品、輸入商材、電気製品、アパレル商品など幅広い業種のテナントのニーズに応えられる施設としている。

ESRでは再生可能エネルギーも積極的に活用し、環境負荷の低減にも最大限配慮。RW南港DC1では共用部・倉庫すべてにLED照明を導入した。

<屋上部のソーラーパネル>
20161213esr13 500x281 - ESR/最高レベルの大型物流施設、大阪・南港に竣工

また、屋上にはパネル1万3120枚、年間発電量は6.5MW=約3000世帯分と日本最大級のソーラーパネルを設置。

ほか、建物設計では雨水貯水槽や節水システムの導入、充実した緑化設計、工事段階においては再生材の活用、建築資材の使用量削減など、顧客・地域社会に対し長期的な貢献を続けていくとしている。

ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は「RW南港DCを創る際に、我々はこれまでの物流施設という概念を超えるものを追求しようと考えました。我々は新しい価値を体験できる場を創り出したかったのです。この施設に一歩足を踏み入れて頂いた途端に、まるで米カリフォルニアにいるような感覚になって頂けると思います。是非一度足を運んでいただき、最高レベルの物流施設を是非体験頂きたいと思っています。物流施設を超えた全く新しい資産価値を感じて頂けると思います」と話した。

■レッドウッド南港ディストリビューションセンター1の施設概要
所在地:大阪府大阪市住之江区南港中1-9-1
敷地面積:5万7051m2
延床面積:12万5632m2
賃貸面積:11万690m2
用途地域:準工業地域
構造:地上4階建
最小賃貸区画:3960m2
アクセス:(車)阪神高速南港北IC1.3km
(電車)ニュートラム線ポートタウン西駅徒歩10分
大阪中心部 阪神高速利用で15分・関西国際空港 阪神高速利用で40分
物件サイト

<前へ 1 2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集