商船三井グループ/環境・エネルギーマネジメントシステムの国際認証取得

2017年07月24日 

商船三井グループの中核的な乾貨船船舶管理会社であるエム・オー・エル・シップマネージメント(MOLSHIP社)は7月24日、環境マネジメントシステムのISO14001:2015とエネルギーマネジメントシステムのISO50001の厳正な移行審査及び更新審査を経て、7月20日に日本海事協会から新証書の発給を受けたと発表した。

<発給された新証書>
発給された新証書

MOLSHIP社は、2014年7月に日本海事協会からISO14001:2004とISO50001:2011の認証を同時に取得した。

以後も、地球に優しい自動車船「EMERALD ACE」に代表される商船三井のコンセプト船「ISHINシリーズ」などの船舶管理を通じ、海洋汚染の防止等に取り組むとともに、多面的な環境・エネルギー目標を設定し、継続的な改善とレビューを通じ、環境負荷の低減と生態系の保全に努めてきた。

MOLSHIP社をはじめとする商船三井グループ乾貨船船舶管理会社各社は、船舶管理業務を通じたCO2排出量のデータ収集及び検証、排熱回収システムなどの新技術による燃料削減効果の確認と維持、船内電源の効果的利用、船内からの廃棄物の低減等の諸施策を徹底し、商船三井の次のコア事業のひとつとなる環境・エミッションフリー事業育成の一翼を担い、地球環境の保全に貢献するとしている。

最新ニュース

物流用語集