大和ハウス/13億円投じ、インドネシアに大型物流施設着工

2017年10月31日 

大和ハウス工業は10月31日、ダイワ・マヌンガル・ロジスティック・プロパティが、インドネシア西ジャワ州ブカシ地区で、大型マルチテナント型物流施設「DMLP フェーズⅠ-2」を10月2日に着工し、概要が決定したと発表した。

<DMLP フェーズⅠ-1、2>
DMLP フェーズⅠ-1、2

<位置図>
位置図

ダイワ・マヌンガル・ロジスティック・プロパティはインドネシアで工業団地の開発・造成を行っているブカシ・ファジャール・インダストリアル・エステート(BEST社)の共同事業体。

大和ハウス工業は、BEST社が西ジャワ州ブカシ地区で開発していた工業団地事業「MM2100 工業団地」に2013年2月に参画し、その一部を「ダイワ・マヌンガル(MM2100)工業団地」(総開発面積約1,450ha)として開発を開始した。

インドネシアでは事例の少ない「コールドチェーン」対応の冷凍冷蔵機能を備えた物流施設やレンタル工場、大和ハウスではインドネシア初となるマルチテナント型物流施設「DMLP フェーズⅠ-1」の開発も手掛けた。

そして、「DMLP フェーズⅠ-1」が好調で全て入居したことを受け、マルチテナント型物流施設第2弾となる「DMLPフェーズⅠ-2」を10月2日に着工した。

ブカシ地区は、ジャカルタ・チカンペック高速道路「チビトン インターチェンジ」まで約500m、ジャカルタ中心地(スマンギ交差点)まで約30kmに位置している。

インドネシア最大級のコンテナ取扱量を誇る国際商業港湾「タンジュンプリオク港」まで約35km、「スカルノハッタ国際空港」まで約55km と、海と空の玄関口にアクセスしやすい立地となっている。

「DMLP フェーズⅠ-2」は、延床面積約2万6500m2で、隣接する「DMLP フェーズⅠ-1」とあわせて、延床面積約5万m2の広さを誇る物流施設。

「DMLP フェーズⅠ-2」は、最大8テナントの入居が可能で、約5000m2の区画から入居できる、マルチテナント型物流施設となっている。

2019年までに、「ダイワ・マヌンガル(MM2100)工業団地」内の「DMLP フェーズⅡ」(約4万7500m2)でマルチテナント型やBTS 型の物流施設開発を行う予定だ。

今後、大和ハウスグループが保有する経営資源(建築物の調査・設計・施工、建物の管理・運営に関するノウハウ)を組合せ、海外で物流施設を検討している日系企業や世界各国の企業に対して誘致活動を行って行き、顧客のニーズに合わせた物流施設の開発を拡大していく。

■建物概要
名称:「DMLP フェーズⅠ-2」
所在地:インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県西チカランMM2100 工業団地内
(MM2100 Industrial Estate, Cikarang Barat, Bekasi, West Java, Indonesia)
交通:ジャカルタ-チカンペック高速道路「チビトン インターチェンジ」まで約500m:ジャカルタの中心地まで約30km:タンジュンプリオク港まで約35km:スカルノハッタ国際空港まで約55km
敷地面積:約4万7500m2
延床面積:約2万6500m2
構造・階数:鉄筋コンクリート造 平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:PT Daiwa Manunggal Logistik Properti
(ダイワ・マヌンガル・ロジスティック・プロパティ)
設計・施工:PT Daiwa Tetra Manunggal Konstruksi
(ダイワ・テトラ・マヌンガル・コンストラクシ)
本体着工:2017年10月2日
竣工:2018年5月(予定)
入居:2018年6月(予定)
総投資額:約13億円

最新ニュース

物流用語集