トゥ・ディファクト、丸善ジュンク堂/書店在庫活用で早期配送サービス開始

2017年12月08日 

トゥ・ディファクトと丸善ジュンク堂は12月7日、トゥ・ディファクトが運営するハイブリッド型総合書店「honto」で受注し北海道に配送する書籍を、「MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店」から出荷するサービスを開始すると発表した。

配達地に近い書店の在庫を活用することで、購入した書籍をより早く入手したい北海道の利用者のニーズに対応する。サービスは、今年4月に沖縄県で開始したサービスに続く第2弾となる。

これまで「honto」の本の通販ストア(https://honto.jp/netstore)で注文され、北海道内に配送される書籍は、全て東京の出荷拠点から発送していた。その配送時間の短縮を図るために今回、北海道に配送する書籍は、「MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店」の在庫を確認し、在庫が確保できた場合には、同店より直接顧客へ出荷するサービスを開始するもの。

honto の「本の通販ストア」やスマートフォンアプリ「honto with」、各店舗にある在庫検索システムや「KIOSK 端末」から在庫の取り寄せ、指定の店舗で取り置きができるサービスが利用できる。店舗の営業時間内であれば、在庫の有無を「1時間以内」にメールで知らせる。店舗で現物を確認できるため安心して購入できる。

「honto with(ホントウィズ)」 は、気になった書籍の検索や購入した書籍リストの管理、店舗の在庫の有無や、店内でその本が置かれている棚の位置などが確認できるスマートフォン用のアプリ。本のレビューの閲覧や電子書籍の試し読み、欲しい本リストの店舗在庫の一括検索、店舗お受け取りサービスなども可能。アプリ上に honto カード(会員証)のバーコードを表示することで、ポイントサービスも利用できる。

今後ネット通販の配送が物流事業者への過大な負荷になるという課題があるなか、DNPグループ書店の在庫を活用した独自の物流網を活用し、hontoならではのサービス拡充を実現していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集