LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ローソン/福島県でロボット無人配送を実証実験

2017年12月12日/IT・機器

ローソンは12月12日、日本郵便と連携し、自律で陸上を走行する配送用ロボットによる無人配送の実証実験を12月21日に福島県南相馬市で実施すると発表した。

<実証実験の内容>
20171212lowson1 500x272 - ローソン/福島県でロボット無人配送を実証実験

<宅配ロボットの画像>
20171212lowson2 - ローソン/福島県でロボット無人配送を実証実験

ロボットの社会実装に向けた取り組みを積極的に進めている南相馬市のスポーツセンターのグランド敷地内に、ローソンと郵便局の仮想拠点を設置し、郵便物やローソン商品を仮想の顧客配達先まで配送ロボットによって無人で配送する。

日本郵便は、ドローンや配送ロボットの新しい技術を物流に活用する検討を行っている。今回、初めて配送ロボットを用いた実験を実施することで、配送ロボットによる荷物等の輸配送実現に向けた取組みを進めていく。

南相馬市は、「福島ロボットテストフィールド」を核とした「ロボットのまち南相馬」としてロボット産業の推進に取り組んでおり、今回の実験場所の提供のほか、配送ロボットの社会実装に向けた検討を行っている。

ローソンは、今回の実証実験を通じ、配送ロボットを活用して、顧客が注文したローソン商品と郵便物を一緒に配送する仕組みの構築を検討していくとしている。

■実証実験の概要
日時:12月21日(木)11時~12時
場所:南相馬スポーツセンター内 トリムコース(福島県南相馬市原町区桜井町2-200)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース