JILS・JLRS/全日本物流改善事例大会2018、発表事例を募集中

2017年12月18日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と日本物流資格士会(JLRS)は、全日本物流改善事例大会2018の開催に向け、改善事例の募集を行っている。

全日本物流改善事例大会は、全国の企業が取り組んだ物流現場・物流管理における優れた改善事例を発表し、実務者同士が合理化の手がかりやノウハウを共有することで、改善活動の活性化に貢献することを目的として行っている。

物流改善の機運の高まりとともに、毎年大きな盛り上がりを見せ、2018年度で第32回目の開催を迎える。

応募事例は、有識者からなる「全日本物流改善事例大会実行委員会」にて選考を行い、選出された「優秀事例」は、2018年5月15日と5月16日開催の全日本物流改善事例大会2018で発表する。

発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して、「物流合理化賞」と「物流合理化努力賞」を決定し、同協会定時総会の席上で表彰が行う予定。

募集内容は、物流現場での改善事例 (物流業務部門)と物流管理での改善事例 (物流管理部門)で、応募締切日は2018年1月19日(金)。

■応募要領・詳細
http://www.logistics.or.jp/newest/kaizen_application.html

■問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所 大塚
東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3階
TEL:03-3436-3191
FAX:03-3436-3190
otsuka@logistics.or.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集