Amazon、楽天での宅配会社利用率/ヤマト利用が約半分近くに減少

2018年06月05日 
関連キーワード:

ウケトルは5月28日、ウケトルアプリに、新機能「デリバリプロバイダの貨物追跡」をリリースするにあたり、宅配クライシス前後での宅配会社利用率を分析し、発表した。

<Amazonの宅配会社利用>
20180605uketoru1 500x376 - Amazon、楽天での宅配会社利用率/ヤマト利用が約半分近くに減少

<楽天の宅配会社利用>
20180605uketoru2 500x372 - Amazon、楽天での宅配会社利用率/ヤマト利用が約半分近くに減少

2017年4月と2018年4月の変化を調べたもので、Amazonでは、2017年4月のヤマト運輸が71%占めていたが、2018年4月では27%と大幅に減少していた。

変わって、増えたのが、日本郵便(JP)が21%から27%へ、佐川急便が3%から4%、最も増えたのが、デリバリープロバイダの5%から20%だった。

楽天では、2017年4月のヤマト運輸が46%占めていたものの、2018年4月では24%になっている。JPは21%から36%へ、佐川急便が33%から40%へ増加している。

この結果から、ヤマトショック以後の危機をAmazonはデリバリープロバイダに、楽天はJPを中心に乗り切ってきたことがわかると分析している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集